みこれくしょんの攻略ヒントです。

あくまでヒントですので、攻略そのものを見たい場合は
撮影画像詳細、もしくは攻略チャートの記事をご覧ください。

○ざっくりスケジュール
1日目:主に屋内。社殿の清掃・荷物運び
2日目:部屋の片付けから少しだけ社殿前清掃
3日目:店番
4日目:社殿前清掃
5日目:石段清掃
6日目:早入り社殿前清掃。外出
最終日:祭り当日


○カメラ紛失について
カメラの紛失は、場所時間が固定された紛失と 行動毎に確率で判定される紛失があります。
確率紛失は設置した時間から徐々に紛失する確率が上がっていきます。
また日が経つにつれても初期確率が上がり難易度(というかめんどくささ)が上がっていきます。

固定紛失は日時場所を覚えるほかありませんが、確率紛失は神様への心付け次第で緩和できます。


●通常イベント撮影

多くは、通常カメラを手に持っている状態にしておくことで撮れます。
巫女と話すだけが選択肢ではありません。
もしくは事前に”仕込み”が必要なものもあります。
あ、ひとつは巫女の基本行動外(行動表に出ない)で撮れます。


●部屋1・部屋2

部屋1での着替えの確認は部屋2で待機することでも分かります。
出て行くタイミングを確認したあとは時間は経過せず、通常入れない部屋1に入ることができ、
若干時間の節約になったりします。
なぜ必要かというと・・・必要になるんです。時間調節よりもイベントとして。


●外トイレ(和式)

屋外トイレの後段階の写真は、通常のプレイですと脅迫度・大に必須となります。
通常では段階を上げきれないため、巫女の行動をずらす必要があります。
そのためにはまず巫女がどの時間にどこにいるのか把握しなければなりません。
行動の流れというものがありますので、一度追っ払ったからといって油断しないようにしてください。


●内トイレ(洋式)

屋内トイレは撮影段階自体は多くありませんが、
時間ずらしなどを使うと巫女時と制服時で基本絵が変わります。
画像集めだけで言えば、外よりメンドウかもしれません。


●行動時間外撮影

いわゆる置き忘れで撮れるものもあります。
巫女が主人公より先に神社に来ているような日に試してください。


●アイテム購入
所持金が3000円以上ある場合、自宅パートの所持金ボタンが買い物ボタンに変わります。
※これはあくまでおまけ要素であって、シナリオクリアに必須なものではありません。

・印刷用紙:トイレを使用禁止にする張り紙を作ります。
       どちらかのトイレに入り、画面左のアイテムボタンを押すことで使用できます。
       基本効果は終日ですが、内トイレはモブ巫女に回収されることがあります。

・レジャーシート:所持した状態で特定の時間場所に居ればイベントが発生します。

・脚立:  特定場所に設置すると会話の追加イベントや特殊イベントなどが発生します。
       画面左のアイテムボタンを押すと設置できます。
       設置可能場所は、「社殿前」「授与所」「石段」の3箇所ですが、
       石段は初期保管場所でイベントは発生しません。

・謎の薬: 謎というか軽い利尿剤です。
       部屋2にあるお茶に仕込むと、時間ずらしなどで狙えるタイミングが増えます。
       トイレの使用を完封すると特殊イベントが発生します。

・レンズフィルター:あるイベントを進めると追加されるアイテム。
           通常見えないものが撮れるようになるらしい。


●最終イベント、エンディングの種類

最終的にはまず大きく、

①最終イベントを発生させない。
②脅迫度・無
③脅迫度・弱
④脅迫度・中
⑤脅迫度・強

の5つと巫女装束時、学校制服時で分岐します。
また中には内部数値によって分岐や追加イベントがあり、8つの結末(end)があります。

①がend1『結末1』

○巫女時
②は体験版でも見れるend2(ゲームオーバー)です。
③④が同じend3『結末2』を向かえます。
③には内部数値によって途中分岐でルート③’が発生した場合はend4(ゲームオーバー)、
④にも+αのルート(表では_2と表記)があり、その場合end5へ向かいます。
⑤は、そのまま終わればend5『結末3』へ、
前に同じく内部数値によって+αのルートはend6、
終盤別ルートの⑤’はend7へ行きます。

○学生時
②③は巫女時と同じですが、CGが制服差分となります。
④は固有イベントですが、end3『結末2』に行き着きます。
⑤も巫女に同じく内部数値によって⑤'に分岐。両方とも通常はend8を迎えます。


その内部数値の増減はゲーム中の盗撮以外の要素にあります。


●ルート⑤’(巫女)

大きく条件は⑤のルートに行ける画像を持っていること、
もうひとつは主人公の巫女に対する意識値を上げることです。
それは巫女との会話外でも上昇する箇所がありますので、
それと合わせて今までの経験もふまえて巫女を追い回してみてください。

●ルート⑤’(学生)
巫女に同じく最低⑤のルートに行ける画像を持っていること、
そしてこちらは、主人公の変態度を上げる必要があります。
変態度はほぼ、部屋2での着替え確認の後、部屋1に侵入することで上がります。
最終日まで侵入イベントはありますので攻略時はご注意ください。


●エピローグ

一定条件を満たすことで特殊エンド(epilogue)を見ることができます。

・解放条件
最低条件(攻略状況)をイベント回想のところで確認することができます。
必要なルート攻略が成された場合は下の○に色がつきます。
この条件が揃わないと、いくら行動を吟味しても辿りつけないので気をつけてください。


・EP3

学生⑤'後に選択分岐で発生するエンディングです。
それなりの巫女への意識度が必要ですが、それとは逆に巫女からの好感度は低くなければなりません。


・EP2
巫女⑤_2に追加されるエピローグです。
巫女からの好感度がある程度必要ですが、相談イベントが発生するほど上げると
⑤’ルートへ進行するほどに巫女への意識度も上がっている可能性があるので調整が必要となります。

・EP1
巫女⑤’の後に選択分岐で発生する最終的に目指すエンディングです。
周回内での条件はプレゼントイベントを起こしていること、相談イベントが発生するまで好感度を上げていることです。
プレゼントイベントはある程度主人公の意識値が増えていると発生します。

好感度の目安は、部活話(3日目)→実家話(5日目)→相談(6日目)、という会話の発生でおおよそ確認できます。

最後まで行くのはちょっとややこしいですが頑張ってもらいたい。


どうしても行き詰まりから脱出できないという人は、反転で救済機能のヒント
とりあえず神頼みをしつつ何度もエンディングを迎えてください。
そうすれば、攻略か撮影かどちらかに集中できる状態になります。

またこの機能が解放された場合、エピローグ後に追加された画像を印刷することで
そのエピローグを見るのに必要なパラメータ状態になります。
※ただしその画像自体の脅迫度は皆無です。